ニキビの種類

5段階で進行していくにきび

ニキビは5段階で進行し、最終段階ではニキビ跡となっていきます。

第1段階:正常な場合
にきびの基礎知識 第1段階は、ニキビ予備軍で毛穴周囲の角化異常の状態です。毛穴の周りの角質が厚くなり、分泌過剰となった皮脂と古い角質が混ざり合い、「コメド(面皰)」と呼ばれる「角栓」を形成していきます。
第2段階:白ニキビ、黒ニキビ
にきびの基礎知識 第2段階は、毛穴にコメドが詰まり皮脂が貯まった状態です。市販の化粧品に「ノンコメドジェニック」と書かれていたら、“コメドができにくい処理方法をとっている化粧品”ということになります。この段階には、毛穴が閉じて皮脂が白くポツポツともり上がって見える白ニキビ(閉鎖面皰)と、毛穴が開いて黒くポツポツと見える黒ニキビ(開鎖面皰)があります。
第3段階:赤ニキビ
にきびの基礎知識 皮脂が大好物のアクネ菌が異常増殖して炎症を起こし、赤ニキビと呼ばれる炎症ニキビを作ります。
第4段階:膿ニキビ
にきびの基礎知識 第4段階は「ブドウ球菌による炎症」で、赤ニキビがさらに悪化し、アクネ菌だけでなくブドウ球菌による炎症が加わり、大きく腫れて膿んだ状態で「膿疱(のうほう)」と呼ばれます。腫れて熱を帯び膿があるため、腫れの中心が白く見えます。ここで潰してしまうとニキビ跡になりますので、絶対に潰さないこと。やがて、「膿疱」から「膿腫(のうしゅ)」に変わり、固くしこりのようなニキビになります。触れると痛みが生じ、ここまでくると治療にもかなりの時間がかかります。
第5段階:色素沈着、クレーター
にきびの基礎知識
関連情報
  • 24時間いつでも気軽にWEB相談
  • らくらくカウンセリング予約