ニキビの予防ケア

スキンケアに大切な3つのポイント

ニキビは、過剰な皮脂の分泌以外にも、さまざまな要因が複雑に絡み合っています。一時的に治ったようでも、根本的に解決しない限り、何かのタイミングによりふたたびニキビができてしまいます。

ニキビは、皮脂や古くなった角質、ファンデーションなどの汚れが毛穴に詰まってしまうのが主な原因となります。その他にも、ストレスや便秘、偏った食事なども影響します。いずれにせよ、ニキビの予防やできてしまったニキビを悪化させないためには、日常のスキンケアがとても大切になります。

ニキビのためのスキンケアは、「洗顔」「保湿」「保守」の3つがポイントになります。
なかでも保湿で重要なのが化粧水の役割です。

ニキビができやすいオイリー肌の人には収斂化粧水がおススメ。アルコール分が多く配合されていますので、一時的に汗や皮脂の分泌を抑えることができます。
拭き取り用の化粧水は、クレンジング後の肌に残る脂分や余分な角質を取り除きます。

大人ニキビの場合は、乾燥しているのにニキビができるケースが多いので、肌の水分を補う目的で使用する柔軟化粧水がおススメです。ただし、保湿効果が高いのでオイリー肌の人には向きません。

無理なダイエットは厳禁!

スキンケア以外にも、無理なダイエットをすれば、ホルモンのバランスが崩れニキビができやすくなります。

ダイエットをするなら、無理な食事制限は避けカロリーの摂取量を減らし、こまめにカラダを動かすようにしましょう。さらに、毒素を貯め込まない食事の工夫と、溜まった毒素をデトックスで定期的に体外へ排出することも大切です。

いずれにせよ、保湿を心がけたスキンケアと併せて、ちょっと目線を変えたセルフケア対策が、ニキビ改善の大きなポイントとなります。

関連情報
  • 24時間いつでも気軽にWEB相談
  • らくらくカウンセリング予約